本文へスキップ

YNU Aerodynamics Lab.

横浜国立大学 空気力学研究室 (北村研究室)

当研究室への配属を希望される方へ

 ・学内外を問わず受け入れを行っています。ご興味がございましたら、まずは指導教員にメールでご連絡下さい。
       
 ・昨今、便利なツールが増えてきた反面、少し油断すると人間が「考える事を放棄しやすくなっている」と感じます。
 こうした中で、皆さんが大学・大学院で身に着けておくべき能力は、やはり「考える、そして考え抜く力」だと思います。
 当研究室では、空気力学に取り組みながら、この考える力を磨いていただきたいと思っています。
       
 ・身近なはずなのに、見えない。時として複雑な挙動を示す。
 そんな空気を相手に、自らの思考力を養いつつ、世界を相手に研究を楽しみませんか?
       

空気力学研究室について

 横浜国立大学 空気力学研究室(空力研/北村研)は,2014年4月にスタートした研究室です.
 主に下記の三本柱で研究を進めています.
  • 世界の様々な研究者と協力し,学術的価値が高く,かつ実際の航空宇宙機設計に役立つ数値流体力学(Computational Fluid Dynamics, CFD)手法を提案しています.
  • CFDを駆使し,高速飛翔体の空力解析を行う等,空気力学を中心とする様々な流体現象を解明しています.内製コード(理想気体,混相流,超臨界流体)に加えて,JAXA開発コードFaSTAR,LS-FLOW,rFlow3D, HexaGrid, MEGG3D, 更にはオープンソースコードCANS+(MHD)を併用しJAXAスパコンJSS3も使用しています.
  • JAXA宇宙科学研究所(ISAS)の風洞設備および研究室の超音速風洞や低速風洞を利用し,力測定,圧力測定,可視化試験による様々な空力データを取得しています.CFDの検証用データの提供,実験的解析,そしてCFD結果を併用した解析が可能となります.
 空力研には,国内外と連携して第一線の研究を進める環境があります.
 また上記の幅広い内容から研究テーマの設定が可能です(学生のテーマは,メンバーページを参照下さい).
 一緒に世界的な成果を挙げていく熱意のある学生,研究者の方を募集しています.



研究設備について

     
  • 数値計算: 研究室のワークステーションと、大規模計算用のJAXAスパコンJSS3等を利用しています。  
  • 実験: 研究室には超音速風洞および低速風洞があります。またJAXA宇宙研の大型設備を使用させていただいています。

     ・超音速風洞(マッハ1.9)
     

     ・低速風洞(マッハ0.01〜0.1)
     

指導教員について

 指導教員の北村准教授は,名古屋大学 航空宇宙工学専攻にて博士(工学)を取得後,JAXA研究員,NASA客員研究員,名古屋大学助教を経て現職に就きました(その後も英国ケンブリッジ大学,米国ノートルダム大学などで在外研究を行っています).詳しくは下記をご覧ください.

 業績: 詳細 / 学内フォーマット / 学外リンク(Researchmap

バナースペース

横浜国立大学 空力研

〒240-8501
横浜市保土ケ谷区常盤台79-5